微 忘 ロ グ

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴーストライター

<<   作成日時 : 2014/02/06 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なぜ報道ステーションの出だしが、あのクラシック音楽の作曲家のことなのか不思議だったが、ショックだった。

何でもかんでも偽装の世の中、これもかと。

感想とすると、「買わないでよかった」ということだ。あの曲事態、全然違うタイトルで作られたものというのがダメダメだろう。陰鬱な感じで、それを原爆とからめられれば、まぁ人は騙されるよな。それにまた被ばくと関連するのか、聴力を失ったというハンデを克服した天才、というふれこみがあれば、テレビ受けしてしまう。


所で、このような話。程度の差こそあれ、音楽業界には沢山あると思った方が良いだろう。知らぬが仏。大体大ヒットした音楽など、多かれ少なかれ、テレビでのそのアーティストの紹介物語とセットになっているわけだ。そこに何の商業主義が入り込んでいないとすれば、嘘になろう。

テレビ局が音楽出版社をかかえ、勝手にベストテン番組をしつらえ、これがヒット曲だと人をあおる。そんなころとだいぶ変わったが、まぁ根っこの所は同じなんだろう。

NHK、TBS、フジTV。凋落著しい、かもしらんが、俺はむしろ、これらの放送局の影響は強まっているとさえ思っていた。どうもそれが正しいのではないだろうか。少なくとも2局は今回の騒動に相当程度加担してしまったことになる。

大ヒットしたものの背景にテレビのドキュメンタリ番組あり。そういう風に見てみると、裏は沢山あったりするだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴーストライター 微 忘 ロ グ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる