微 忘 ロ グ

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供のケンカ

<<   作成日時 : 2015/03/05 11:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

恐ろしいスピードで世の中が動いているな。

それにしても、学校に1ヶ月間も行かないで、「来るように」と言われる程度で済んでしまう現実というのが、すごい。それほどまでに不登校は常態化しているということなのか。

被害者の親御さんは悲しみに暮れているだろう。非常に気の毒な言い方になるが、だったら何故、あれほど目に痣を作って帰って来たときに、「もう夜中に遊び回るのは辞めなさい」と言えなかったのだろうか。

おかしいな。本当におかしくなっている。

で自分はどうか。もうお話にならないな。私みたいのは家庭を持たず、親にもならないのが正解であるとしか言いようがない。

報道陣に混じって動画サイトで犯人宅から実況したヤツがいた。モザイクなしで顔から自動車ナンバーから表札から全て垂れ流し。何か心意気のあるヤツかなと興味を持って、そいつの他の動画を見てみたらがっかりした。パンツ一丁で母だか姉だかと口喧嘩して奇声を発している不登校児。

大人は動画サイトを取り締まれとか、潰せとか、規制しろとか言い始めるだろうが、そんなことでは止まらないだろう。

人が死ぬという結果になってしまったが、基本、これは子供のケンカだったのである。地域で起こった出来事。メディアが当事者周辺、関係者の情報力にかなうはずがないのである。

容疑者少年たちの画像がネットで出てくるものと全く同じものを使っている。しかもモザイクを入れて。そこに何を付加できようということなのか。専門家の憂いみたいなのしか無いだろう。

つまりこれまでならば<取材対象としてしかお茶の間には存在しなかった>人たちが自ら情報発信する時代になってしまったということである。このことがはっきりと知らされてしまったのではないか。

Youtuberが小中学生に人気の商売なのだそう。若い奴らは敏感に感じとっている。何がかっこ良くて、何がださいか。

ダサいよ。マスゴミは本当にダサいよ。本当にこいつら逝ってよしだと思ってしまうもん。ついに全うな中立性も独立性も体現することが出来ず、飼い犬になることしかできないのか。

何をすればいいのだろうか。まぁ若い子は自分の武器を身につけることだな。護身術としての武道なんてのもいいかもしれない。文武両道なんて言葉があったしな。

こうした雰囲気、絶望感は国家感にも影響すると思う。この世は戦いだ、子供も大人も、企業も国も。もう手遅れかもしれない。本当にもう絶望しか残っていないのかもしれない。

追記:
担任は随分連絡しようとしてたんだな。それは見てなかった。この事件については完全にニワカだ。
http://mainichi.jp/select/news/20150224k0000m040122000c.html

まぁ、親は事情があるにせよ、親業やってないよね。同居人でしかない。しかもすれ違い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供のケンカ 微 忘 ロ グ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる